Twitterへの画像アップロードメモ

たまにtwitterへの写真アップロードをどうやってるか聞かれるので書いておこうと思います。
僕は現像ツールにアドビ社のLightroomとPhotoshopを使っています。
今はサブスクリプションで月額900円で利用できるようになりましたので、試しに使うことも可能ですよ。

以下、僕のTwitterへのアップロード手順になります。

1.RAW撮影する
2.Lightroomでトリミング・レンズ補正・明るさ周り調整・ノイズ軽減して、PSD形式8bitで出力。
3.Photoshopでリサイズ。横幅500Pixelにする。必要に応じて自動補正します。最後にスマートシャープをかけます。
4.完成したらPNG形式で保存。大体500×750とか500×500になるのでサイズは大体500KB程度に。
5.Twitterへアップロード。横幅500Pixelだとピッタリな感じ。多分。厳密には調べてない。

各パラメータはRAW状態によってケース・バイ・ケースです。Twitterは画像が小さいので割りとガッツリ補正してもいけちゃうので、重宝しております。スマートシャープは量50〜70%、半径0.4ですね。シャドウ・ハイライトはほとんどいじらず。
Twitter側に画像を劣化されないようにPNGで出力するのがポイントです。 フィギュア写真はスマートシャープをかけたほうが輪郭がはっきりするので大体オススメです。
ドールやコスプレ写真についてはまた別途の現像手順でやっております。こちらもまだ検証中。( ´・ω・`) 

コメントを残す