大洗キャンプ場でソロキャン

先週の奥多摩キャンプ場に続いて、今度は、大洗キャンプ場にソロキャンプに行ってきました。

氷川キャンプ場ではじめてのソロキャン

1.準備

奥多摩ソロキャンプの反省として、イスを新規で購入しました。ヘリノックスのジェネリック的なイス(Moon Lence)を買いました。あと、薪をちょうど良いサイズにするための鉈も。

今回の装備
テント スノーピーク ヘキサイーズ1+グランドシート
寝袋 NANGA LBダウンバッグ600STD
マット 災害用エアマット
ランタン スノーピーク たねほおずき
焚き火台 笑’s B-6君
ナイフ モーラナイフ
高儀 村国 ナタ サヤ入 全鋼 180mm
クッカー スノーピーク チタンパーソナルクッカー
コップ スノーピーク シングルチタンマグ 300
バーナー SOTO ウインドマスター+OD缶 110、250
イス Moon Lence アウトドアチェア
テーブル キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル ケース付 M-3713
ウォーターバッグ キャプテンスタッグ M-9531 シンシュクウォータージャグ3L
ライター SOTO ポケトーチ+ポケトーチライター
カトラリー 使い捨て割り箸、スプーン、フォーク
軍手 コンビニ軍手
着火剤 エスビット+森の着火剤+100均固形燃料
調味料入れ 100均プラ容器
モバイルバッテリー RAVPOWER 20000mAh モバイルバッテリー
バッグ HAKUBA 25リッターバッグ
ThinktankPhoto エアポートナビゲーター

2.当日

朝6時に起床して、キャンプ道具を持って駅に。上野駅7時発のスーパーひたち1号に乗って水戸駅まで。8時10分頃に到着。
8時23分の鹿島臨海鉄道に乗って8時40分頃には大洗駅につきました。BC自由学園のマリー様が鹿島臨海鉄道に。
ここで選択肢が3つあって、海遊号に乗ってバスで現地まで行くか、タクシーで現地まで行くから、歩いて現地まで行くかと言う方法がありました。せっかくだから歩いて行こうと言うことで大洗駅からキャンプ場まで地図上ではそんなに距離があるように見えなかったんですが、高低差がかなりある道筋だったので、重い荷物を抱えながらひいこら現地まで行くことになりました。
歩いてる途中にココス大洗店があったんですが、いつもはガルパンコラボなのに、今はラブライブサンシャインコラボをやっていて仁義なき覇権争いが行われていました。
帰りのバス時間チェック!
35分ぐらい歩いて現地に到着して、受付をしました。薪を2つと炭を1つ買ってテントを設営しました。
自販チェック!
ここをキャンプ地とする!
今回のヘキサイーズ1の展開は30分ほどで終わりました。上達!
今回はMoon Lenceの椅子を持っていったので、前回のように太ももが筋肉痛になる事はありませんでした。(上記写真の青いイス)
某有名な椅子のパクリ品ですが、値段の割にすごい坐り心地が良くて、壊れるまではこの椅子で大丈夫だなと思いました。

 

テントは前回と同じヘキサイーズ1を使っていたんですが、寝るときに使うマットが空気が抜けるようになってました。もともと災害用の対策で買っていた1000円の安いマットだったのでいつか壊れると思っていたんですが、わりと早かったので次買うものを今検討しています。
インフレータブルマットかEVA樹脂マットのどちらかにはなると思います。積載量との相談。
食材は近くのスーパーSEIBUさんでほとんどのものが揃いますので初心者には優しいキャンプ場だと思います。お酒、網や着火剤などもスーパーで売っているので便利ですね。
お昼ご飯には豚キムチ鍋を作って食べてました。
今回も初めて行くキャンプ場だったのでお昼はゆっくり過ごして焚き火をしていました。
エモ写真の練習とか。料理準備。
エモく見えて、実は薪を割ることができなかった鉈。
持っていったけど使わなかったコッヘルの中サイズ。
スノピでもらった手ぬぐいが湿っていたので干してる。
森と切り株があればなんでもオシャレに。
生ウインナーの炭火焼き。

大洗キャンプ場の薪はすごい太くて小型の焚き木台だと入らないものでした。鉈でも歯が立たない位、硬くて太い薪だったので、B-6君では前回同様、真ん中を焼く形となりました。少し大きな焚き木台はソロキャンプでも欲しいですね!

夜ご飯にはみりん干しなどを焼いて食べていました。夜8時ごろになったので大洗磯浜神社のほうに行きまして鳥居のところを干し撮影して参りました。初めての星撮影だったんですが、天気がすごい良くて取りやすいなぁと思いました。
1時間ほど撮影して磯前神社に参拝をして、キャンプ場のほうに戻ってきました。

夜は23時ごろに寝て、2時ごろに目が覚めてトイレに行って、またすぐ寝て朝5時半ごろに目が覚めました。

さすがにめちゃくちゃ寒かったので速攻で火を起こして暖をとってました。朝ごはんは定番のカップヌードル!

 

ここのキャンプ場の困ったこととしては、週末には、近所の施設から暴走族のコールが聞こえるという公害。どうやら伝統的に昔から脈々と受け継がれているらしく、私が行った時にも夜の21時頃から激しいコールが聞こえてきていました。

 

耳栓を用意していたので付けていたら、一瞬で眠りに落ちることができました。耳栓かイヤホンは持っていくべきですね。

 

日が出てくると片付けを始めまして、撤収が9時半ごろになりました。結局薪は1束使わなかったので、戻しに行ったら返金してもらえました。ありがたや~。

 

大洗キャンプ場を撤収して、大洗の食事を堪能しようと言うことで、ちゅう心さんに行こうと思ったんですが、最近はめちゃくちゃ混んでいるらしく、予約も取れなかったので、どうしようか考えていたら、いまだにブロンズさんに行ったことがなかったことを思い出したので、今回は行ってみようと思い、例の通りに行きました。

 

まだ10時ごろで開店まで1時間あったので、歩いてたらエルコーンを売ってるって張り紙が。エルコーンが販売中止になってしまうので、秋山ゆかりの駄菓子屋さんに入ってエルコーンをいただきました。どうやらモナカの部分がもう生産できなくなっていると言うことで、販売中止になるということを教えてもらえました。

 

せっかくなのでお土産に飴をいくつか買いまして、だがしかしの話とゆるキャンの話とガルパンの話をしてました。めちゃボケた。
その後に、布屋さんのやまとさんにお邪魔しまして、いつものタオルを買わせていただきました。今回は大洗女子のバスタオルとBC自由学園のスポーツタオルを買いました。やまとさんとも15分ほど話をして、一昨年のあんこう祭や海楽フェスタの裏話を教えてもらえました。
いい時間になったので、ブロンズさんに10時55分ごろにお店のほうに行ったら、並んでたのが6人ほどで、ちょうどすぐすっと入ることができました。
2016年に並んだけど入れなかった時以来、大洗に来るのはいつもイベントの時だったので、人が並んでたので諦めてたんですが、ようやく3年越しにブロンズさんで食事をすることができました。鉄板ナポリタン食べたんですがとってもおいしかったです。オムレツの部分が甘いのとケチャップがたっぷりで腹いっぱいになりました。
帰り道でエリカ確認。
大洗駅では塩辛を買ってホームに行ったところ3号車が迎えに来てくれました。うれしい。
水戸駅から上野まではひたちで帰りましてどこにも止まることなくスヤスヤしてたら上野に着きました。キャンプと聖地巡礼が同時にできる良いところ、それが大洗!
大洗の人達、やっぱりみんな暖かいというか外の人めっちゃウェルカムで迎えてくれるので何回でも行きたくなりますね。
最近は聖地巡礼する人が減ってきていると言ってたので、イベントがない休日は、大洗に行くと皆さん楽しそうに話してくれるので、ぜひ行ってみてください。何食べてもおいしいです。
次は3月の海楽フェスタですね。今年は前日キャンプ当日キャンプ翌日有休でまったり帰る計画で行ってみたい!

 

3.次回に向けて

今回のキャンプを反省材料に、道具の更新について検討してみました。

テント・グランドシート
  • ヘキサイーズ1 → ラゴ Pro.Air1
 スノーピークの1人用登山向けテントを購入しようと思います。重量が5.5kgから900gになり、積載サイズも小さくなって、より機動力のあるソロキャンプができそうです。
 電車を使ったキャンパーにとっては荷物の数を減らすことが何よりも大事なので、ラゴPro.air1にすることによって1つ荷物を減らすことができます。
 ヘキサイーズ1はグルキャンの時に使う用にしたいと思います。

 

マット
  • 1000円のオレンジのエアマット(災害用)→EVAマットorインフレータブルマット
 積載スペースがまだ残ってたらEVAマット、厳しかったら圧縮率の高いインフレータブルマットにしようかなと思います。
 寝心地はインフレータブルのほうが良いとのことなので、できたらそっちかなー。

 

コッヘル
  • スノーピーク
 大きなサイズと小さいサイズで2セットありますが、ソロキャンでは4つ使う事は無いので、大きなサイズだけ持っていくことにします。

 

ランタン
  • 無印良品LEDライトスタンド → ソーラーパフ

昔買った無印のライトスタンドを予備で持って行ってますが、できたら軽量化でソーラーパフを使いたい。

焚き火台
  • 笑’S B-6 → ピコグリル398

キャンプ場で買う薪のサイズがB-6君に合わないことがわかったので、もう少し焚き火を楽にするためにピコグリル398を調達しようと思います。薪を入れるだけの焚き火ライフを送りたい…。

以上になりますね。
次はおねがい☆ティーチャーの聖地、木崎湖キャンプ場に行ってみたいです!(ただし、雪で死ぬ)

tag :