Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZEでフィギュア撮影・ドール撮影

早速ですが、カール・ツァイス社のマクロレンズCarl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZEを購入しました。
個人的にスケールフィギュアや1/3ドールを撮る時に使いやすいのが50mmの画角になるんですが、標準50mmだと最短撮影距離が45cmという事が多く、寄って撮影することが出来ないのが困りどころでした。
小さいフィギュアだとトリミングが前提になってしまうので、マクロ仕様のものを探していました。
キヤノンのLレンズでフルサイズに対応しているマクロレンズが100mmなので、しっかりとした物撮りには最適なのですが、秋葉原で散策して撮影するときにはちょっと長めで困っていた所でした。
そんな折、ゴマパパさんからソニーのRX1Rを試用させていただく機会がありまして、ツァイスレンズのボケの良さを味わってたまらなくなったところに、ツァイスレンズには50mmマクロレンズが存在するとの事で購入に踏み切った次第になります。
メリットは、(1)ツァイスレンズの特徴的なボケ(2)50mmの画角で最短撮影距離24cmでしょう。
デメリットは、(1)オートフォーカスが使えない(2)標準50mmよりも暗くて値段が高い(3)手振れ補正が無いでしょうか。
素早い動きをする被写体には使いどころが難しいですね。幸い、フォーカスエイドという機能があり、ファインダーで合焦した際に反応するので、秋葉原でピント合わせに困る事はありませんでした。また、同社のPlanar 1.4/50よりも暗いのに値段が1.5倍程度します。マクロ撮影をするという明確な目的がなければ、標準Planarでいいでしょうね。手ぶれ補正が無いので、絞って使うときには気を使う必要有りですね。こちらも幸い、メインで使っている標準ズーム(EF24-70mmF2.8L II)が手ぶれ補正機能なしなので、もう慣れました(゚∀゚)
長くなりましたが、EOS 5D Mark IIIとCarl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZEで秋葉原のフィギュア撮影・ドール撮影と自宅での撮影を行いましたので、作例をどうぞ。(ちなみにまだ扱い慣れてないデェス!)
撮影機材
カメラ:EOS 5D Mark3
バッテリーグリップ:なし
レンズ:Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE
スピードライト:なし
デフューザー:なし
記録メディア:トランセンド 32GB CF(RAW) + 32GB MicroSD(JPG) 


開放絞りも安心して使うことができます。周辺光量落ちは発生しますが、ボケと相性が良くレンズの特徴として使えますね。現像時に補正する事が可能です。
補正無し
補正有り
以上になります。Makro-Planar T* 2/50 ZEでフィギュア撮影の作例がWEB上にほとんど無かったので、参考にしていただいたら、それはとっても嬉しいなって。
次はコスプレイヤーさんを撮影してみたいのですが、会場でMF撮影するのはちょっと骨かもしれませんね~。
 


コメントを残す